ギターアンプを持っていた方が圧倒的に音作りが楽な件について

Life

こんにちは!

D.N.Effects 長山です。

今回は「ギターアンプを持っていた方が圧倒的に音作りが楽な件について」書いていこうと思います。

 

私もバンドをしていた頃、自分のマイアンプを持っていない時期があり毎回ライブハウスやスタジオでの音作りの苦労しました。

エフェクターでどうにかしようと試行錯誤していましたが中々出来ず、自分のアンプを持つ決意をしました。

自分のアンプを持つことのメリットを今回書いていこうと思います!

スポンサーリンク

スタジオやライブハウスのアンプは個体差がある

スタジオやライブハウスにあるアンプはJCシリーズもしくはMarshallシリーズ、たまにフェンダーのアンプが置いてあることが殆どです。

 

常設のアンプを使って音作りをするのが一般的ですが、どうしても個体差があります。

真空管が交換されていなかったり、つまみの効き具合が悪かったり、壊れているアンプもあるぐらいです。

上手い事セッティング出来れば、満足のいく音が鳴らせますが毎回そうとはいきません。

 

エレキギターの音の良し悪しを決める大部分はギターアンプです。

いくらエフェクターやアンプシュミ、プリアンプで音作りを頑張ろうと大本のアンプに問題があると満足のいく音を毎回出すのは難しいでしょう。

恐らくバンドマンの人なら何度か経験してるはずです。

私も何回も苦労しました。

なので、自分のアンプを持つことを決意しました。

自分のギターアンプを持つことのメリット

これは圧倒的に音作りが安定することにあります。

どんな環境でも基本の音が決まっているので、後は箱のキャパや設備に応じて微調整するだけで毎回安定した音を出すことが出来ます。

リハーサルの時間にギターの音作りに時間を取られることも少なくなり、バンドの全体的なバランスに時間を取りやすくなるので時間も有効的に使うことが出来ます。

 

アンプはヘッドだけで大丈夫です。

自分のキャビまであると荷物がどえらいことになるので、どうしてもスピーカーに拘りたい人はコンボアンプがおススメです。

 

後、真空管の交換やその他消耗品の交換などのメンテナンスも全て自分基準で出来るので、常に一定の音を出すことが可能です。

その気になればモデファイも出来るので、やはり自分のアンプを持った方が圧倒的に音作りに有利です!

スポンサーリンク

自分のギターアンプを持つことのデメリット

自分のアンプを持つことのデメリットは1つだけあります。

「運搬がしんどい」

これだけです。笑

 

真空管のアンプやその他トランジスタアンプもそうですが、アンプ自体は非常に重いです。

正直、車が無いと移動が出来ないレベルで重いのが唯一のデメリットです。

 

アン直繋ぎでギターとアンプしか持ち物が無ければ、カートなどを使えば移動は何とか出来ますがエフェクターや他の荷物がある場合は完全に両腕が塞がりながら移動する、もしくはデカいカートを使って全てまとめて移動するかです。

どの道一般的な普通のMarshallやフェンダーなどのアンプを持ち運ぶのは非常にしんどいですし、コンボアンプだと運搬するのはほぼ不可能です。

 

私も昔、バックパックにアンプを入れて、エフェクターやその他荷物をカートに括り付け、ギターケースは手に持ち、完全に両腕が塞がった状態で総重量は30kgはあろうでものを運びながら毎回ライブハウスに行っていました笑

傍から見れば、世界を旅するギターリスト風に見えていたかもしれません。笑

そんなことは無く、ただただ頑張って運んでいただけです。笑

なので、バンドメンバーの中で車を持っている人がいないと毎回の運搬は困難です。

軽いギターアンプを買って運搬の問題を解決

私は最終、車を使っていましたが他のメンバーが車を持っていないもしくは免許がない人はなるべく軽いギターアンプの購入をしましょう!

 

小型の5kg~10kg程のアンプは調べると結構存在します。

100Wクラスの真空管アンプとかもあるので、少し選択肢は狭まりますがエフェクターを沢山買ってそこにお金を使うよりアンプを一台買った方が理想の音作りが出来ると思います。

Kemperなどから発売されているデジタルシュミレーター系のアンプやマルチエフェクターも現在かなりの再現度を誇るので、そういった物もおススメです。

 

毎回ライブハウスまで行くのが苦にならない程度の機材量がベストです。

そう思っていても結局、機材が増えてしまうのが機材オタクなんですけどね笑

D.N.Effects 製品ページ

PRODUCTS | D.N.Effects
D.N.EffectsではEmotions Drive、Magic Six、M.D.K、F-Cell Activationの計4機種のオーバードライブ・ファズペダルを販売中。
スポンサーリンク
Life
スポンサーリンク
D.N.Effects-Blogをフォローする
D.N.Effects-Blog
タイトルとURLをコピーしました